一期一会

 

かけがえのない出会いを重ねて...今の私がいます。

 音楽好きの両親のもとに育つ。3歳より故・白井

英一氏にヴァイオリンを習い始め、瞬く間にその

虜になるとともにピアニストの姉とデュオを楽しみな がら育つ。その後、白井英治氏に師事しソロの 

レパートリーを広げるかたわらオーケストラの中

で弾く楽しみを学ぶ。 

 

2000年東京藝術大学器楽科(ヴァイオリン専攻)

に入学、澤和樹氏に師事。在学中よりバロック

音楽に興味を持ち始め器楽科を卒業後、同大学院

古楽科に入学し若松夏美氏にオリジナル奏法を

師事する。

2006年H.I.F.ビーバーについての論文を修める。

 

演奏活動は2000年頃から始めており

Bach Collegium Japan、Orchestra Libera

Classicaなどの古楽オーケストラに参加するほか

ライプツィッヒ室内管弦楽団来日の際にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のソリストを務めるなど、幅広い音楽活動を展開した。

 

修士課程終了後バロック音楽へのさらなる追求の

ため文化庁・新進芸術家海外留学制度及びベルギー政府の助成を受けて2006年にブリュッセル王立音楽院古楽科に入学。シギスヴァルト・クイケン氏

ミラ・グロデアヌ氏に師事。2009年に修士の

ディプロマを得て修了。


現在はベルギーを拠点に、フリーランスのヴァイオリニストとして様々なアーティストとコラボレーションを行っている

(詳細は「アクティビティ」をご覧下さい)。